2007年10月18日 (木)

いざ白川郷!

どうもこんばんわ。
焼き魚では鱈が一番好きなandyです。どうも。
バター醤油の味付けです。どうも。

ソフトクリームをべっとり口につけて向かった先は、再び高速を走り下道を走り狭い道を走りたどり着いた【白川郷】!
その日に泊るところも白川郷の中にある民宿ですが、とりあえずは白川郷全体を散策したいということで宿にも寄らずぶらり歩き!

白川郷の町並みに辿り着くには、手前の大きな駐車場から歩いて橋を渡って行く方法と、車で左方面からぐるっと周る方法、車で右方面からぐるっと周る方法と3パターンあるのです。
andyが進んだルートは橋を渡るルート。

 Dsc00976 Dsc00979
この橋を渡りいざ入場!
早速合掌造りの建物があちこちに!
観光客も結構多く人やバスで賑わっている感じ。
マップを頼りにとにかくぐるぐる歩いて、写真を撮ったり、中を覗いて見たりしながら「おお!」「おおお!」と何度も心が弾んでしまう時間でした。
中には合掌造りの建物ではなく、現代風の家やお店もあり、そのあたりは正直残念でしたが、それ以上に合掌造りには圧倒されちゃいます。
家の前に池があったり、花が咲いていたり、鯉がパクパクやってたり、それが建物に良く合い、自然の雰囲気を満喫できます。

 Dsc00992 Dsc00998 Dsc00981
 Dsc00983 Dsc00980 
 Dsc00990 Dsc00994

建築関係の仕事をしているandyは、とにかくその構造というかしくみがこの現代に残っているということがすごいことだと思えましたね。
特に、白川郷の中で最大規模の茅葺合掌造りで、【国指定重要文化財】である『和田家』の中をみてつくづく思いました。
雨は入ってこないのか?
重さに耐えられるのか?
反ったり浮腫んだりしないのか?
http://dac.gijodai.ac.jp/vm/exLivePsirakawa/wadake/wadake1.html

Dsc00992 Dsc00993 Dsc00999
Dsc01000 Dsc01003 Dsc01002

2階に上がる階段はまさに昔の家で、急勾配&きしむ音。
見学者が多いので、おばちゃんが片側通行の交通整理をしているくらいです。

小屋裏にも上がれて、決して厚いとは言えない木材が格子状に組まれた床からは階下がはっきり見えるくらいのすきまがあります。それでも普通に歩けるし、怖い感じもない。
見た目ではわからないくらいしっかりした構造なんですね。ホントびっくり。

中身を理解してから再び外に出て、あらためて合掌造りをみてみるとすごさが倍以上に膨れ上がります。まさに世界遺産!

雪の白川郷
紅葉の白川郷
はもっともっと綺麗かもしれませんが、夏の白川郷も十分に楽しめることがわかり、再び散策を開始したandyです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年5月18日 (金)

大涌谷

どうも。こんにちわ。
車のガソリンはガス欠寸前まで乗るandyです。

大騒ぎのケーブルカーを降りて【早雲山駅】に到着。さらにロープウェイで大涌谷へ!
とおもいきや、強風のためロープウェイは運行中止に・・・(;→д←)
ちなみに固定カメラで撮影された天気のいい日はこんな感じ。
Htm_img3

当日はこんな感じ。
Htm_img1
とてもじゃないが同じ位置から撮影したとは思えない状態。。。
ここまで来て折り返しのケーブルカーに乗り再び強羅へ。。
ううっ・・行きたかった・・

旅館の駐車場にとめておいた車に乗り、初日に行こうとしていた【ユネッサン】へいくことに。山道をひたすら登ったり下ったりしてなんとか到着したものの、駐車場が激混みで、結構離れた駐車場にとめるはめになってしまいました。
そこから小雨の降るなか徒歩で10くらい歩き、やっとこさ【ユネッサン】へ!
外からはあまりよく中の様子が伺えないが、湯気があがってたり、子供のはしゃぐ声が聞こえたりして、楽しみになってまいります。

入り口から建物に入り、入場受付をしようとしたとき、駐車場の混み具合がそのままの現実に・・・。
チケットを買おうと並んでいる人がすくなくとも100人くらい・・・。

コレハマイッタ。
ここで並んでいるということは、当然、中も混んでいることマチガイナイ。
カエロウ。。

お土産売り場だけに寄って(30分くらいは居たなぁ~)どこかで立ち寄り湯を探して帰ることにしました。

そして、その帰り道で偶然にも先程ケーブルカーに乗ってやってきた【早雲山駅】の近くに!そして動いているロープウェイを目の当たりに!!!
「あれ?動いてる(・д・)ポカーン
天候が回復したのか!!??
何はともあれ、やはり乗りたい!( ^・ェ・^)/
すぐに車をとめてロープウェイに乗車!

ここから恐怖の数分間が始まり・・・・・・・・

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年5月11日 (金)

箱根⑥

どうも。こんにちは。
GWに日に焼けて、腹の中は白いけど顔が黒いandyです。

随分間が空いてしまいました・・(;→д←)

箱根最終日。
目的地は【大涌谷】!
40万年前の火山活動の名残りを今に伝える噴煙地があるその場所に行くために、旅館をチェックアウトして、すぐ横の強羅駅からケーブルカーで終点の早雲山まで行きます。
最初から最後まで完全に斜めのこのケーブルカーに揺られること約9分。
車体が階段状になっていて、なんだか不思議な乗り物なのですが、それよりも、一緒に乗っていた中国人?と思われる観光集団に囲まれながらの9分でした。

普段はこんなに混んでないであろう乗り物に、満員状態で押し寄せる集団。
記念撮影やら内容のわからない会話での大爆笑、そして、身なりは普通ぽいんだけど高級ブランドバッグをもつお母さん。
(ぜってぇ~偽者だろ!)
とまずそこにツッコミをいれてしまいました。
偏見ですいません(;→д←)

だって、最近でもTVでやってたけど、中国にあるテーマパークには、Disneyのパクリキャラがわんさかいて、おまけに背が高くスリムなドラえもん、ひげがちじれてるキティちゃん、目が違うピカチュー・・・・
中国では、「偽者」という解釈ではなく、「同じデザインのものを安く」という感じで捉えるということが一つの文化になっているようですね。

なので、本人たちは特に「悪いことをしている」という意識のない中でそういうものを使っていると。
それなら逆にスッキリしてていいような気もする。。

andy個人としては、人と同じというのがあまり好きではないので、みんなが持っているような高級ブランドにはまったく興味がないのですが、それこそイタリア人とかから見たら、日本人もandyが偏見してしまった中国人と同じように見えるのだろうな・・・と思うと、ちょっぴり悲しくなります。(*´ェ`*)

さらには、ニュースとかで中国や韓国の「反日感情」の激しさをよく目にしますが、あれはごく一部の人にしかすぎないということも感じます。
実際日本に観光に来ている人もたくさんいるし、手に持っているカメラは日本製だったり、日本人と普通に接している。
国旗を燃やしたり、デモをするような反日感情がある人は、観光にも来ないし日本製も使わないだろうなと思います。
しかし、TVの映像ではそのような映像が多く、中国・韓国・北朝鮮の人に対して少なからず偏見をもってしまうわけです。
怖いですね。メディアって。

当然ですが、実際ケーブルカーの中でも特に不快を感じることもなかったし、一緒に乗っていた赤ちゃんもかわいかったし(^-^)

なによりも最初に「そのブランド偽者だ!」って思ってしまってすいません(;→д←)

| | コメント (2) | トラックバック (6)

2007年4月25日 (水)

箱根⑤

どうも、おばんです。
コーンスープ、コーンポタージュスープ、コーンクリームスープの違いがいまいちわからないandyです。

さて、大満足の夕食を味わった後は旅館に戻ってお風呂タイ~ム(*^_^*)

雨の中、ひたすら帰り道の運転をするandy。
国道1号をはじめ、1本道がけっこう続く箱根の山なので、行きは時間帯が悪く渋滞に巻き込まれたりして2時間かかった道も帰りはスムーズ(^-^)1時間くらいで着きました。

まずは部屋についているお風呂。
柑橘の香りを味わいながら、外の景色を味わいながら(前回書きましたが、これは味わえません・・・)、落ち着いた雰囲気の中ゆっくり癒されました。ヾ(@^▽^@)ノ
その時は雨でしたが、これが晴れていて、月なんか見えたりしたらよりナイス!です。

そして、いざ、貸切露天風呂へ!

貸切風呂は3つあり、予約制ではないのです。
この旅館には158の部屋があり、この日は満室。ということは、単純にすべての世帯が2人で宿泊しているとしても、ざっと316人。。。。。
入れるのであろうか・・・。
そんな不安な思いの中、向かったところ・・・・・案の定すべて使用中。(;→д←)

説明しよう!
(アホアホマンのナレーターの雰囲気で)
この旅館の貸切風呂のシステムは、使用しているお風呂の表示板がランプになっていて、これが点灯していると使用中、点灯していなければOKというシステムなのだ!


貸切風呂は小高い山の上にあって、宿泊者は敷地内ではあるが一度屋外に出て、この山を少し登らなければならないのです。しかし、表示板は山のふもと。なので、登っていったら微妙なタイミングで先に入られてしまうということもあるんです。
andyは、最初に向かった時は点灯していて、がっくりして帰ろうとしたその時!
かさを山のふもとに忘れて、とりにいく破目に。
そしたら素晴らしいタイミングでランプが消えた!!!( ^・ェ・^)/
これはいくしかねぇ~!

しかし、雨の中だったので、雨は冷たく、湯は温かく・・・・・微妙な感じの中15分程度浸かって部屋に戻りました。
これも、晴れていて、月なんか見えたりしたらよりナイス!です。

まぁ雨は雨なりの楽しみがあるので、良い思い出にはかわりありません(^-^)
晴れてるとき、そして、オフシーズンならもっとよかったのでしょうが、大満足の宿でした!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年4月19日 (木)

旅行④でなーin湯河原

どうも。こんばんみ。
アロエが流行ったころ(14年くらい前かな・・・)、伊藤園から発売されていたアロエドリンクが大好きで、毎日部活帰りに2本飲んでいたandyです。伊藤園大好き(*^_^*)

さて、強羅の旅館にチェックインし一休みしたあと、雨の中向かったところは『湯河原』!
目的は夕食です。(。≖‿≖)
泊まった旅館にも、鉄板焼き・天ぷら・鍋と3種類のディナーコースがあって、雰囲気もいいのですが、それらは『ほかでも食べれる感』があり、小料理屋みたいな感じのさらに雰囲気のよい場所を求めて湯河原のお店に向かいました。

ネットでいろいろ検索しまくり、たどり着いたお店が
【割烹しらこ】
湯河原駅からちょっと歩いたところにあります。
Soto1 Tennai1
席は全部で20程度。
テーブル席が4つとカウンターが4席。
けして大きくない店内に比較的ゆったりとおかれたテーブル。隣との距離も程よく離れていて、落ち着けそうといった第一印象。
夫婦?なのかな、板前さんと女性が一人。カウンターに座れば、目の前で調理しているところがよく見える感じです。店内はややうす暗く、愛想はすごい良くはないが悪くもなく、【ざ・職人】っていう雰囲気の店主を、寡黙な女性が支えている雰囲気。

『余分なことは話しません。美味しい料理と会話をゆっくり楽しんでください。』とでもいっているかのような感じ。最高です。

まずはドリンクを注文し、そして、いろいろ出てくる料理を楽しみに待ちます。(*^_^*)

そして、御通しからはじまり・・・
Dsc00781_1 Dsc00783_3
Dsc00784_1 Dsc00786_1
Dsc00785_1 Sashimi1_1
Dsc00788_1 Dsc00787_1


一言でいいます。
どどどどどどどどどどど
まいう
~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!
ヾ(@^▽^@)ノ

すばらすいです!!!!!
感動して涙出るくらい美味しかったです!!!!!
上の写真にもありますが、【たまねぎのスープ煮】【じゃがいものスープ煮】なんて、「これがたまねぎ!!??これがじゃがいも!!!???」って心の底から思っちゃいました。
大袈裟ではなく、これだけでご飯3杯はいける!!(^-^)

しかも各料理がタイミングよく出てくるんです。
本来andyは、会席料理とかが苦手で、「一気にだしてくれ!」っていう性格なんですが、ここにはやられた。いい感じの間合いでいい感じの料理がくる。最高です!

しかも、途中で何組か来店したけど、すでに満員御礼状態。回転率を上げればきっともっと儲かるであろう味と雰囲気。しかし、この店はそれをしない。結局、andyが店に入って2時間あまりの間、客の回転はなかった。そんなところに巧!】  (知ってる人は知ってるこの言葉・・・)

何度も言いますが、何度も言っちゃいますが、
まいう~~~~ぅぅ!!!!!

最後の鯛のお刺身のお茶漬けなんか・・・
涙でる・・・(;→д←) うううっ 美味すぎる(;→д←)


湯河原にお出かけの際はぜひ!
ちなみにhttp://www.sirako.net/

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年4月18日 (水)

旅行③

こんにちは。どうも。


フリスクは【ベリーミント】が一番好きなandyです。

さて、部屋に入るといい感じの薄暗さ&モダンな雰囲気。
家具や造作にはダーク色の木を使い、照明も暖色系で温もりを感じさせる空間でした。
荷物を置いたらひたすら部屋の散策。風呂、トイレ、洗面、ベッド、バルコニー、テーブル・・・当然引き出しや冷蔵庫もすべて開けて泥棒のような行動をすること約10分。

Dsc00750_1  Dsc00748_1
「う~ん。いいねぇ~(^-^)」
細かいところにいろいろな演出がしてあって、とても気に入りました。
普通のシンクなのに、上に竹を敷いてあるだけで粋な感じになってるし、冷蔵庫に無料で烏龍茶と水があったのが小さいことのようですが、こういったのが嬉しいです。(*^_^*
Dsc00753_1
ただ、住宅設計の仕事をしている性なのか、壁紙や枠の納まりなど細かいところをチェックしちゃうんです。(+_+)ちなみにandyはよくチャック開いちゃってます。(-_-;)

さて、話は戻り、壁紙などが剥がれていたり、業者がチェックした跡の様なシールや書き記しなども数ヶ所見当たりました。こういった細かい部分というのは、住宅よりもこういった宿泊施設のほうが雑な場合が多いですが、オープンしたばかりなのに・・というやや残念な気持ちも・・・。
しかし、それ以上に素晴らしい雰囲気が勝っているので問題なし!

客室露天風呂もほどよい大きさで、そのものの雰囲気はよし(^-^)
そして、バルコニー部分にあるため当然外の景色も見れるわけで、山や川や空や・・・といった想像をしていたandyにとってはやや落ち込むことが。。。

  


そんなバルコニーからの景色はというと、5m先に民家があり、丸見え状態で、andyの客室が2階なため、隣家の2階の部屋と同じ位置にあり、お互い覗けるくらいの感じ。さらに下を見てみたら近所の人が犬の散歩・・・。これまた目が合っちゃうくらいの感じ。

 Dsc00762_1 Dsc00759 Dsc00763_1 

一応、簾で目隠しのようになっているので、入浴中は周りからandyのヌードを見られるということはないのですが・・・
残念・・・・・・・・・・(-_-;)

逆にこちらからも何も見えなくなります。簾と木製フェンスに囲まれて入浴となります。まぁ、それでも十分落ち着けるので個人的な評価としては○になりますかね。

ちなみにこの宿は45階建てくらいだったと思いますので、上の階や違う棟なら、もっと景色が違ったのかもしれません。。
andy1ヶ月以上前に予約をしたのですが、春休み時期ということですでに後手になってしまったのかな・・・。

Dsc00764_1

また行く機会があれば、さらに早めに予約をしよう!(。≖‿≖)

ということで、次の目的地へ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年4月13日 (金)

旅行②

どうもこんにちは。

どちらかといえばりんごジュースよりグレープジュースが好きなandyです。

さて、おいしい丼で満足&満腹のandyですが、次に向かったのはその日に泊まる箱根の旅館です。

ひたすら箱根に向かい運転開始。

カーナビがあるおかげでいとも簡単に目的地に向かえるわけですが、結構な山道や細い道など複雑なところもいくつかあり、あらためてナビは便利だなと実感した日でもありました。

(5年前のナビのため、新しい道路は登録されておりませんが・・・)(+_+)

土曜日の昼すぎだというのに意外にも混んでいなくて、山を越え、芦ノ湖を横目にもう一山登ったところに旅館があり、無事に着くことが出来ました。

当初は【箱根ユネッサン】という温泉のテーマパークのようなところに寄ってから、旅館に行こうとしていたのですが、あいにくの雨のためとりあえず旅館に向かいました。

箱根登山鉄道の【強羅】駅のすぐ横に位置している旅館で、その名を『雪月花』といいます。
http://www.hotespa.net/hotels/setsugetsuka/

まだオープンしたばかりで新しく、すべての客室に露天風呂がついていて、さらに共用天然温泉も数ヶ所あり、浴衣も30種類くらいの中から選べるといった粋なモダン和風の旅館です。

一瞬どこだか分からないような入り口から入り、フロントでチェックインの手続きを・・・。

Dsc00776     Dsc00775
ここはさすがに、土曜日ということと、全部で158室ということで、やや混んでいました。
とりあえず15人くらいの列に並び、チェックインを待つ!
・・・しかし、長いな・・・。
自分の順番になって、ここで納得。
チェックイン時の一組一組への説明が丁寧なため長い時間を待つことになっていたようだ。これは待つのがとても嫌いな方にはストレスかもしれませんが、大雑把な説明より親切な細かい説明を求める方には満足なのではないでしょうか。

ちなみにandyは満足でした。(^-^)
まだまだ慣れていない感じもありましたが、一生懸命さが伝わりました。(*^_^*

さて、鍵をもらい部屋に向かいます。
建物の構造がやや複雑で、迷いそうになりながらも部屋の前へ!
いざ鍵挿入!
ん?
んんん?
開かない。
鍵の回し向きが逆なのか・・・、何度もいろんな方向に回してみるが、開かない。(T T

散々力任せに開けようとしていたその時、開きました!
引き戸でした。
TVでしか見たことのないこのボケ。かましてしまいました。
だって、扉が開き戸っぽいんだもん。。。

つづく。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年3月26日 (月)

旅行日記。

どうも。こんばんわでございます。
旅先でお土産を買うときに、必ず製造場所を確認するA型のandyです。

先日、土日を使って、箱根・湯河原・御殿場に1泊旅行してきました。
それについてしばらく書きたいと思います。
前回の九州編は随分のばしてしまったので今回はテキパキ進めたいと思います。

流れは、
土曜日の朝、浜松を出発し、焼津さかなセンターで昼食、芦ノ湖経由で箱根強羅のホテルにチェックインして、箱根の山をぐるっと越えて湯河原で夕食、ホテルの露天風呂に入って、睡眠。
二日目の日曜日はホテルで朝食、ケーブルカーで山登り、立ち寄り湯でひとっ風呂あびて、ロープウェイで大涌谷へ行き温泉卵を食べて、御殿場高原ビールを求めて時之栖へ行き、最後にアウトレットに行って買い物をして帰路につきました。

そんな感じの2日間。
九州よりも身近に感じる場所なので、今後行かれる方は参考にしてみてください。

| | コメント (5) | トラックバック (5)

2007年1月23日 (火)

九州⑬

どんも。こんにつわ。
会社の隣の席の人が、毎日お昼になるとパックのジュースの中身がもうないのに、いつまでも「ちゅ~~~、ちゅ~~~~~ちゅちゅちゅ~~~~~~~~」と5回くらい繰り返すのを聞きながら、『もうないだろ!』と心の叫びを一生懸命発しているandyです。

さて、九州旅行もこれで最後・・・。
ずいぶん長く書いたような気がします。というか、3日間のことを数ヶ月かけて書いてしまった・・・。反省。

レンタカーは一路鹿児島空港へ。
車を返却し、飛行機を待ちながら、【お土産】タイム!!!
いろいろな鹿児島名物があるのは当然ですが、やはり空港なだけあって博多のおみやげもあったりします。やや、「これはいかがなものか」と思ってしまいます。
買う方としては忘れてしまった買い物や、まとめて買えるといった利点があるわけですが、なんか気分的に・・・。
サービスエリアなんかでもそうですが、少なからず違和感を感じている次第でございます。
やはりその地方で買いたい!
という気持ちが・・・。

さて、しっかり博多のお土産を買いまして(買ってんのかいな)、飛行機に乗りましょう。
っと、その前にもう一回黒豚を!
空港内のレストランにて、黒豚とんかつ定食を!!!ヾ(@^▽^@)ノ

Dsc00344_6
やはりまいう~~~(*^_^*)
結局なにをたべてもほぼまいう~なandyです。。。

そして、短い間でしたがお世話になりました。九州殿。
あでぃおす。

Dsc00349_3 Dsc00352_1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月18日 (木)

九州⑫

どうも。こにゃにゃちは。
膝を組んでいないと落ち着かず常に組んでいますが、同じ方向で組んでいるとよくないといわれ最近は交互に組み直していますが余計に落ち着かないandyです。どうも。

さて、その後温泉に向かったandyです。
空港に向かうように進みながら、途中にある温泉郷で立ち寄ろうと考えまして、車を進めます。
そんなとき車窓には鹿が。
Dsc00270_1
「あっ、鹿さんどうもこんにちは。」
「どうもこんにちは。人間さん。天気がいいですね。」
「ええ。これからちょっとお出かけに。鹿さんはスポーツジムですか?」
「ええ。有酸素運動にはまってまして。」
・・・・・・。
なんて会話が成り立つわけもなく・・・。
んんん?
鹿?
奈良?

森の中を1本の道路が走っていて、その両脇から鹿が出てくるのです。
どかわいい!!!
そこには『えさを与えないでください』というおきまりの看板も。
その矢先、車を止めてえさを与えている人が・・・・・。
人間がえさをあげるからひょこひょこ出てきて事故にあうんですよ。たしかに森の中を運転中にひょこひょこでてきたらかわいいですよ。でも、事故にもあうようになるんです。
【人間は怖いから近づかないほうがいい】ってくらい鹿に思わせておいたほうが、事故にあったりすることなく、それこそ共存だと思うんですけどね。共存の意味をはき違えてる人がいるということは非常に残念です。
でもかわいいんですけどね。

そんな鹿さんをジムまで車で乗せていくことになり・・・
(もういいよ・・・)

さて硫黄の匂いと湯気があちこちから!
たどり着いたは【霧島温泉郷】
ですが、ここには寄らず。
ガイドブックに載っているもう少し先の温泉にいきました。
時間が午後3時くらいということもあり、ほとんどの温泉では【お掃除タイム】【立ち寄り湯なし】の時間帯。しかたないので、やっているところで探して、よしここだ。
貸切露天風呂もあるんですが、先約が。40分待ち状態。それでは飛行機が・・・・・・。
室内にも入れるところがあるというのでそちらに決定!
1回500円。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
入り口で男湯と女湯が分かれていて、さて着替えようかと思いきや、脱衣所で再び女湯と扉1枚でつながっている・・・。さっきの入り口意味ないじゃん・・・。
まぁとりあえず湯船に入りたくて早速扉をオープン!!!!!
(*_*;
お世辞にもきれいとはいえない・・・。
しかし、10分ほどの短い時間でしたが目をつぶって想像の温泉郷を楽しみながら湯船につかりました。
気持ちよかったです。(*^_^*)
温泉名は控えておきます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧