« 2009年12月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年5月17日 (月)

ポルトガル②日目

結婚してから体重が5kg増えてしまい、ややあせり始めているandyです。
どうも。

長い移動に時間を費やした初日から一夜明け、ポルトガル旅行も2日目となりました。
ポルトガル第二の都市【ポルト】市内のホテルを朝9時に出発し、第三の都市【ブラガ】へ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%AC

まずは【ブラガ大聖堂】。

075_2


そうそう、今回の旅行はツアーであり、日本人の添乗員が成田から成田までずっと一緒で、ツアー客はイヤホンmusicとコントローラーみたいなものを常に持ち歩き、都度けっこう細かい解説をしてくれます。

ヨーロッパらしく、宗教や王族、貴族のたぐいの話がほとんど。
かなり丁寧で要所に面白おかしい話を織り交ぜながら解説をしてくれましたが、ほとんど覚えてません・・・。crying

添乗員は通称『タディ~』virgo推定45歳。
私たち夫婦二人だけの会話のみに通用するあだ名です。

ほかにも、
『先生』・・・かつて教師をしていたらしい、鳥取からきたやさしいお父さん。推定68歳
『奥さん』・・・その先生の奥さん。これまたやさしいお母さん。
『デッシャー』・・・やたらとでしゃばるおばさん。親子で参加。
『しずちゃん』・・・デッシャーの娘。南海キャンディーズのしずちゃんにそっくり。推定30歳。
『ゼネコン』・・・大阪からきた大手ゼネコンに勤務するおじさん。推定50歳。
『ゼネコンの奥さん』・・・そのまんま。最終日に一騒動やらかします。
『ジコチュー』・・・集合時間も気にせずお土産を買い捲り、みんなを待たせるおばさん。
『ジコチューのつれ』・・・二人セットでオバタリアンという言葉がマッチする。
『オヤジ』・・・岡崎からきた土建屋の社長(っぽい)。食事中に「まずい」と連呼。娘と参加。
『娘』・・・おやじの娘。おやじにすごくかわいがられている感じのある娘。推定38歳。
『スキーヤー』・・・スキーをこよなく愛する北海道から参加の育ちのよさそうなおじさん。
『スキーヤーの奥さん』・・・怒った事ないんじゃないかというくらいのおっとりおばさん。
『はくはつ』・・・白髪のダンディなおじさん。高価そうなカメラを常に首から。
『はくはつの奥さん』・・・サングラスを頭にのせて歩く、お嬢タイプ。
『使用人』・・・常に命令されて動いていたおばあちゃん。
『使用人の上の人』・・・常に使用人に命令しているおばさん。マダム風。
『旅行好きのお姉さん』・・・唯一の一人参加。あちこちに旅しているそう。推定40歳。
その他、あまり印象のない夫妻が1組。(すいません・・・)
そして我々二人の総勢21名。

すでに2日目で仲良くなっている人たちもいれば、まだ様子を見ている感じの人もいて、人間観察という点では非常に夫婦で楽しみました。eye

ほとんどが50代以上。ましてや新婚旅行は我々だけ。scissors
定番の国にいけば、新婚旅行客ばかりのツアーになるだろうし、その辺を避けたい夫婦ですから、まさにビンゴ!って感じのツアーでした。(あくまでも世代的に)

大聖堂のあとはバロック建築様式の【ボン・ジュズス教会】
そして地方都市【ギマラインス】に移動して【ブラガンサ公爵館】へ。

124

125

129

石造りの城壁がなんともいえなくかっこいいんですよ。この古さがイイ。note
天気も曇っていて、なんかいい雰囲気醸し出してましたよ。芝生とか木の緑がすっげぇいい緑で。club

フラっと散歩する程度の時間しかなかったけれども、程よく楽しめて、集合場所に向かうことに。そのとき、ツアー客をあだ名で呼ぶきっかけとなった事件が起きるのでした・・・eyeglass

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年5月 9日 (日)

タイヘンナガラクオマタセイタシマシタ・・・
ダレモマッチャイナイケドモ・・・

いきなりですが、
11月1日に結婚式を挙げたandyは、すぐに新婚旅行に行ったと思いきや、偶然にも小学生からの友人が
11月7日に結婚式を挙げたため11月8日から新婚旅行に行ってきました。airplanedash

場所は【ポルトガル】chick
イタリアにも行きたかった。
スペインにも行きたかった。
フランスにも行きたかった。
しかし・・・
一般的なこと、いわゆるベタなことが好きではない私は、上記の気持ちよりも、ベタは嫌という気持ちの方が強く、「新婚旅行でポルトガル?聞いたことねぇ」的な感じが心地よく、ポルトガルに決めました。
club

実は候補としてはギリシャとチリもありました。
ギリシャは真っ白な外壁が並ぶサントリーニ島やミコノス島、神殿のあるアテネ、修道院のあるメテオラなど魅力満載。しかし、ギリシャの11月はオフシーズンのためホテルやレストランなど半数以上が閉店状態らしく断念。crying
チリは天空都市マチュピチュ、ナスカの地上絵など神秘の世界。しかし移動時間が半端なく、ほとんどの時間を移動で費やすらしく断念。crying

そんなこんなでポルトガル。

ポルトガルには何があるのか大して下調べもせず、世界遺産を巡るツアーに申し込みました。

浜松  rvcarrvcarrvcar  セントレア
セントレア  airplaneairplaneairplaneANA  成田
成田  airplaneairplaneairplaneANA  フランクフルト

037

040

043

045

056

054

052

058

山の上飛んだり、
湖の上飛んだり、
雪原の上飛んだり、
流氷の上飛んだり、
雲一面の上飛んだり、
機内食食べたり、
寝たりしてたら着いちゃいました。フランクフルト。
ドイツ初上陸です。scissors

なんて喜んでるのも最初だけ。次の乗り継ぎ便まで5時間・・・gawk
時間つぶしにブラブラ空港内を歩いてみるものの、初日の経由地でいきなり買い物ってのもなんか変だし、30分もあれば一通り散策完了。
さて、ほけぇ〜っと寝るかな。。。snail

乗り継ぎはルフトハンザ航空。特に問題もなく、ポルト空港に到着。japanesetea
すぐに現地手配のなかなかきれいなメルセデスベンツバスに乗り込み、深夜にホテル到着。
070

朝。
071

21人のツアーなのに、ここまで特に周りを気にすることなく淡々と飛行機・バス・ホテルと・・・
この先に個性的な面々の個性的な行動が楽しみになることも知らずに・・・eyewave

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年8月 »