« 世界遺産。 | トップページ | さてと。 »

2007年10月18日 (木)

いざ白川郷!

どうもこんばんわ。
焼き魚では鱈が一番好きなandyです。どうも。
バター醤油の味付けです。どうも。

ソフトクリームをべっとり口につけて向かった先は、再び高速を走り下道を走り狭い道を走りたどり着いた【白川郷】!
その日に泊るところも白川郷の中にある民宿ですが、とりあえずは白川郷全体を散策したいということで宿にも寄らずぶらり歩き!

白川郷の町並みに辿り着くには、手前の大きな駐車場から歩いて橋を渡って行く方法と、車で左方面からぐるっと周る方法、車で右方面からぐるっと周る方法と3パターンあるのです。
andyが進んだルートは橋を渡るルート。

 Dsc00976 Dsc00979
この橋を渡りいざ入場!
早速合掌造りの建物があちこちに!
観光客も結構多く人やバスで賑わっている感じ。
マップを頼りにとにかくぐるぐる歩いて、写真を撮ったり、中を覗いて見たりしながら「おお!」「おおお!」と何度も心が弾んでしまう時間でした。
中には合掌造りの建物ではなく、現代風の家やお店もあり、そのあたりは正直残念でしたが、それ以上に合掌造りには圧倒されちゃいます。
家の前に池があったり、花が咲いていたり、鯉がパクパクやってたり、それが建物に良く合い、自然の雰囲気を満喫できます。

 Dsc00992 Dsc00998 Dsc00981
 Dsc00983 Dsc00980 
 Dsc00990 Dsc00994

建築関係の仕事をしているandyは、とにかくその構造というかしくみがこの現代に残っているということがすごいことだと思えましたね。
特に、白川郷の中で最大規模の茅葺合掌造りで、【国指定重要文化財】である『和田家』の中をみてつくづく思いました。
雨は入ってこないのか?
重さに耐えられるのか?
反ったり浮腫んだりしないのか?
http://dac.gijodai.ac.jp/vm/exLivePsirakawa/wadake/wadake1.html

Dsc00992 Dsc00993 Dsc00999
Dsc01000 Dsc01003 Dsc01002

2階に上がる階段はまさに昔の家で、急勾配&きしむ音。
見学者が多いので、おばちゃんが片側通行の交通整理をしているくらいです。

小屋裏にも上がれて、決して厚いとは言えない木材が格子状に組まれた床からは階下がはっきり見えるくらいのすきまがあります。それでも普通に歩けるし、怖い感じもない。
見た目ではわからないくらいしっかりした構造なんですね。ホントびっくり。

中身を理解してから再び外に出て、あらためて合掌造りをみてみるとすごさが倍以上に膨れ上がります。まさに世界遺産!

雪の白川郷
紅葉の白川郷
はもっともっと綺麗かもしれませんが、夏の白川郷も十分に楽しめることがわかり、再び散策を開始したandyです。

|

« 世界遺産。 | トップページ | さてと。 »

コメント

写真ステキです。
合掌造りに手前の花がまっちんぐですね。のどか~。
あ、五平餅は食べました~??

ちなみに鱈は粕漬派です。

投稿: choca | 2007年10月19日 (金) 12時11分

こののどかな雰囲気、いいですねぇ♪
ますます行ってみたい・・・。

煮付けも捨て難いですよ、鱈。

投稿: Mattsu | 2007年10月22日 (月) 12時42分

>chocaさん

五平餅しっかり食べましたよ。(^-^)
ついでに飛騨牛コロッケもしっかりと・・・。


>Mattsuさん

豪華ではない。けど癒されます。(^-^)
煮付け・・粕漬・・
いややっぱり焼きだですな(^-^)

投稿: andy | 2007年10月24日 (水) 23時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180813/16787853

この記事へのトラックバック一覧です: いざ白川郷!:

« 世界遺産。 | トップページ | さてと。 »